山口 勝弘Katsuhiro YAMAGUCHI

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 山口 勝弘Katsuhiro YAMAGUCHI
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]

1928 年東京生まれ。日本大学法学部卒業。1951 年に瀧口修造の下に集まった北代省三、武満徹らと「実験工房」を結成する。光学的な仕掛けの絵画作品「ヴィトリーヌ」シリーズや、アクリル樹脂を使用した「光の彫刻」など次々に発表。1968 年にはヴェネチア・ビエンナーレ日本代表として「KISS」を出品。1970年大阪万国博覧会で三井グループ館チーフプデューサーを務める。1972年にビデオアートのグループ<ビデオひろば>や、1982年テクノロジーアートのグループ「アール・ジュニ」結成に参加。幅広いメディアを駆使した環境芸術の推進活動を行う。2001年病に倒れるが、 リハビリを行いながら制作活動を続けている。2006年に神奈川県立近代美術館で回顧展を開催。著書に「ロボット・アヴァンギャルド― 20 世紀芸術と機械」(パルコ出版/1985)、「メディア時代の天神祭」(美術出版社/1992)など。