ビデオアートとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ビデオアートとは
Share on Facebook
Post to Google Buzz
[`tweetmeme` not found]

1963年、韓国人アーティスト、ナム・ジュン・パイク(白南準 1932-)とドイツ人アーティスト、ヴォルフ・フォステル(Wolf Vostel 1932-)が、 別々にしかし同時期にドイツにおいてTV画像を歪める実験的作品を、 制作、発表し、それがビデオアートの始まりとされています。その後、 欧米や日本で、美術家や映画作家などが次々とビデオを使用した実験的作品を発表し、絵画・彫刻・音楽・写真・映画などの既存の芸術分野を 複合・横断する芸術として発展してゆきます。

80年代以降はミュージック・ビデオ・クリップなどの登場により産業と芸術分野の融合が行われると共にビデオカメラ・デッキの価格の低下による製作者の増加などの理由から、ビデオアートは急速に一般化になり、 ビデオアートは、他のメディアと混合しながら、特に映像という側面から社会を表現する芸術として、現代美術の一分野を確立し、あらゆる形で現在の芸術・社会に影響を持ち続けています。

ビデオアートの表現形態は、モニターやプロジェクターを使用して、 ギャラリーや美術館で展示を行う他に、パソコンなどの情報機器との接続による観客との相互作用を行うインタラクティヴ・アートとして、また既存の芸術分野 やメディアと複合しながら空間芸術としてのインスタレーションとして展示されるなど、様々な形態をとることができます。

日本におけるビデオアート分野は、60年代後半にドイツやアメリカに続き、いち早くその萌芽がありました。本作は70年万博前後のこれらのムーヴメントの起こりと、その後のデジタル時代のメディアアートへの布石としての歴史を紐解きながら、けっして一過性ではないビデオアート誕生の意義を問いかけます。