監督紹介:瀧 健太郎  Kentaro TAKI

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 監督紹介:瀧 健太郎  Kentaro TAKI
Share on Facebook
Post to Google Buzz
[`tweetmeme` not found]

監督プロフィール 瀧 健太郎  Kentaro TAKI
’73年大阪生まれ。武蔵野美術大学大学院映像コース修了。文化庁派遣芸術家研修員(’02)、ポーラ美術振興財団の研修員(’03)として、ドイツでメディアアートを学ぶ。国内展に”from Scratch”(’05)、「目黒の新進作家展」(’07)、「第一回所沢アートビエンナーレ引込線」(’09), 「黄金町バザール2011」(’11, 横浜)での夜間の町並みに映像投影する作品を展示を行うなど、また海外展に「Aviso Especial」(’09,  セントロ・マルチメディア、メキシコシティ)、「Nippon Connection2009」(ゲーテ大学、独フランクフルト)ではユニットMihari名義でオープニングアクトを務め、「アジアンアートビエンナーレ2009」 (台湾国立美術館), 「Video Life」(2011,中嶋 興との2人展, StPaulstGallery,ニュージーランド, オークランド)、作品発表多数。様々な活動や本作のビデオアートの先駆者とのインタビューを盛り込んだ話が出演番組”Radio/Upstreaming“ポッドキャストで聴ける。

artist site: http://www.takiscope.jp