松本俊夫 Toshio MATSUMOTO

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 松本俊夫 Toshio MATSUMOTO
Share on Facebook
Post to Google Buzz
[`tweetmeme` not found]

1932年名古屋市生れ。東京大学文学部美学美術史学科卒業。新理研映画KK社で16mmの記録映画『潜凾』(1956)を初演出。退社後『記録映画』を創刊、月刊誌『映画批評』の編集委員など映画理論家として活動を行う。記録映画として『安保条約(1959)』、『西陣』(1961)、『石の詩』(1963)、等を手がけ、1968年頃から実験映画や、劇映画『薔薇の葬列』(1969)をはじめ『修羅』(1971)、『ドグラ・マグラ』(1988)などを演出。70年大阪万博では『スペース・プロジェクション・アコ』、『メタスタシス=新陳代謝』(1971)、『アートマン』(1975)、『気 Breathing』(1980)などの斬新な映画作品と80年代はビデオを使った実験的なパフォーマンスなども行う。著書に『映像の発見』、『映像の探求』(三一書房)、『幻視の美学』(フィルムアート社)など。近年では6人の映像作家のオムニバス映画『蟷螂の斧』三部作の企画・構成を行う。