出光真子 Mako IDEMITSU

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 出光真子 Mako IDEMITSU
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]

1940年東京生まれ。早大文学部卒業後、1965‒1973年渡米し、画家サム・フランシスと共にカリフォルニア州で過ごす。フランシスと仲の良かったブルース・コナーのフィルムによるコラージュ作品を見たことから、自らもフィルムカメラを手に作品を取り始める。フランシスとの間に2児の子供を設け、帰国後日本を中心にビデオでの制作を開始する。海外ビデオ祭での受賞多数、N.Y.近代美術館、カナダ国立ギャラリー、パリ・ポンピドゥー・センターなど国内外の美術館に作品が収蔵されている。著作に『ホワット・ア・うーまんめいど ―ある映像作家の自伝』(岩波書店)、インタビュー内での著作は2011年4月に『ホワイトエレファント』(風雲社)として出版された。

http://www.makoidemitsu.com/