萩原朔美 Sakumi HAGIWARA

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 萩原朔美 Sakumi HAGIWARA
Share on Facebook
Post to Google Buzz
[`tweetmeme` not found]

1946年東京生まれ。寺山修司主宰の演劇実験室〈天井桟敷〉の立ち上げに参加。俳優活動の後、フランクフルト国際前衛演劇祭で『毛皮のマリー』で演出を担当。劇団退団後、時間や記憶をテーマにした映像作品を制作。榎本了壱、山崎博、安藤紘平らとともに実験映画作品を精力的に制作し、1973年に渡米し、帰国後アメリカ文化センターでビデオアートの現在についての講演を行う。N.Y.で見た文化情報誌に感銘を受け、雑誌『ビックリハウス』をパルコ出版より創刊し、初代編集長を務める。パルコ文化、渋谷系サブカルチャーといった文化を生みだし、牽引する。近年は多摩美術大学映像演劇学科の学科長を務める傍ら、写真・ビデオ制作や執筆活動を続けている。

萩原朔美website