メディア文化を俯瞰する契機として

九州大学で6/2(土)・6/3(日)に開催される日本映像学会第38回全国大会にて、「キカイ デ ミルコト -日本のビデオアートの先駆者たち-」を上映致します。

また6月2日(土)17:30よりF会場にて30分間、簡単なプレゼンテーション「メディア文化を俯瞰する契機としてのビデオアート」(瀧健太郎 本作監督)をお送りします。一般からのご参加も頂けます。一般 2000円、学生1000円(いずれも概要集込)です。

詳細は日本映像学会第38回大会の公式サイトをご覧下さい。

http://jasias2012.main.jp/content/